えんぷう亭企画・制作作品や、さばこボイス活動のお知らせ中心。まろやかに書きます。
◇えんぷう亭サイトはこちらから◇


■2015年10月21日(水)  2015年秋M3まであと数日ですね!(24日追記)
私は不参加ですが!twitterのTL見てもすごく盛り上がってますね!私は会場にいませんが!(涙)

落ち着きまして。2015年10月25日に東京流通センターにて開催される音系同人イベント・秋M3にて頒布される、ありがたくもご縁がありました参加企画さんを紹介致します。



『ラズワルドバラッド』 シュピレッタ吟団 【サ-10b】

リレー形式の、物語音楽コラボレーション企画!
”青い鳥”をモチーフにした、ほんのり暗いファンタジーな世界観になっています。
私は<第一部>の歌唱&台詞を担当させていただきました。私を含め皆さんが歌っている歌はよく知られているあの曲!(著作権切れ)
なお、売り上げは全て犬猫チャリティ募金に宛てられます。

旧作・『シンティランテバラッド』も頒布されます!(こちらは、最終トラックの合唱に混ぜてもらいました)





『DALICE DOLL』 絵小豆様 【N-07y】

呪いの人形をめぐる、ダークシリアス(時々コメディ)ストーリーです。

――ある日、女子高生の由里奈はゴミ捨て場に置いてあった不思議な人形・ダリスを拾う。ダリスは、触れたものを死に至らしめるという恐ろしい呪いを持つ人形だが、由里奈は死なない。何故、由里奈は死なないのか?"呪いの人形研究同好会"の嘘男や由里奈の親友・瑠乃と共に、ダリスの謎に迫っていく由里奈。
一方、街では不穏な事件が勃発し始めていて…。――

こちらの作品で、モブBちゃん役を担当させていただきました!今ドキJKなお嬢さんで、結構お元気にツッコんだり騒いだり、ぶーぶー言ったり(?)と、とっても楽しく演じさせていただきました!
個人的に、嘘男くんの存在大好きです。ナイスムードメーカー&ナイス腹筋野郎だと思います!






『しきしまつり』 Clumsy Fellow 【N-10x】

――舞台は水の名産地・三崎市。長年市民に慕われた敷島市長亡き後、三崎市の市長になった息子の清一。敷島市長は出来の悪い清一を案じ、彼の忠告役としてオウムの"まつり"を育てていた。しかし清一は、まつりの忠告には耳を傾けず好き勝手な市制を展開してしまう。
一方、三崎市の"水"を利用した金儲けに目を付けた人物の罠が、スキだらけの清一に迫っていた…。清一の、三崎市の命運は?――

こちらの作品では、エキストラでこちょこちょっとお手伝いさせていただきました。
なんといってもオウムのまつりちゃんが!まつりんが!!可愛いんです!!!こんなに可愛いまつりんの言う事を何故聴かんのだ清一!そして、市長室長・聡美さんも、献身的で素敵な女性です。何故聡美さんの言う事を聞かんのだ清一!
そんなドラ息子の清一さんが、作中でどう変わっていくのか、是非確かめていただければと思います!






『花ノ檻』 elpis 【ク-11a】

―ここは檻の中 少女たちの幸福な牢獄―
――外との関わりを一切断たれた華咲(はるさき)学園の少女達。学園の外側にいる青年。そして男性教師。彼女達が思う事、想う人とは。そして、詩集『花の檻』に書かれている事とは……。――

こちらの作品にて、神取玲那役でお手伝いさせていただきました!
学園の少女4人と、青年と、男性教師。この6名の相関図を書いたら、もう、あの、なんか凄い事になるのではと思います。
とても繊細で、純粋で、そして穢れた物語になっております!美しくも歪んだ(しかし美しい)な世界観にうっとりです…。
あまり語るとネタバレになりますが、玲那ちゃんはトラック04『ヒメゴト』に登場します。うん、あの、彼女は一途な子だと思います、うん…。

※全年齢対象ですが、百合&近親相姦要素が含まれています。苦手な方はご注意下さい。



『Familiar Company 2015年秋M3CD企画』 Familiar Company 【ク-07b】

去年も編集お手伝いさせていただいた、声劇団体ふぁみかんさんこと、Familiar Company様!な、ななんと、ありがたい事にお声かけいただきまして、今年も編集お手伝いさせていただきました!
夕闇ダーク美しいジャケットの作品に収録されます【向こう側の世界】の編集を担当させていただきました。

――部活帰り、疲労感から電車で眠ってしまう女子高生・霧子。彼女が目を覚ますと、そこはひと気の絶えた"異様な"駅だった。狂気の人達、手を差し伸べる不思議な少年。異様な世界の真相とは。それを知った霧子は――

ダーク・シリアスな物語です。"人の思い"の強さについて、考えさせられる作品ではないかなと思います。
こういう作風の編集は初挑戦で、あれこれ悩みながらも楽しく編集させていただきました!

なお、去年も編集担当させていただきました、『未来』『人生はマンガやアニメのように甘くない』が収録された、まっすぐな青空ジャケットのCDも今回頒布予定との事です!こちらもオムニバス3本で、シリアスありコメディあり。去年ゲット出来なかった方、チャンスですぜ!



『言の葉×音の楽』 destiny 【ク-18a】

オリジナルボイスドラマ・オリジナル音楽といった音媒体の、アナザー・アフターストーリーetc."もう一つの物語"が堪能できる、小冊子企画。7つの企画が参加しています。全て、元企画の予備知識無用でも楽しめるようになっています。
えんぷう亭名義にて、自企画ボイドラ『Ding Dong Cat』の本編前ストーリー『Dove Meets Cat』を執筆させていただきました。

Ding Dong Catの予備知識が無用でもお楽しみいただけるように執筆しました。
タイトル通り、リカルドとアークの出会いの物話になります。サッと読める短編です。
他6企画さんの物語も、とても素敵な作品がズラリ!です。今回の秋M3頒布新作に関係する物語もありますので、CDと一緒に楽しめるのではと思います!



新作お手伝い・参加作品は以上になります!

続きまして、旧作ですが以下の作品も頒布予定なので、ざっくりですが紹介させていただきます!





『両手いっぱいの花束を 〜Spring ver.〜』 Natural Heart 【ク-09】

花言葉をテーマにした、オムニバスボイドラ10本。花言葉によって作品カラーも様々!ボリュームたっぷり、堪能出来ます!
トラック10『Nのこころ』にて、アンドロイドの少女・N役でお手伝いさせていただきました。





『怪盗鑑定士の冒険』 Wherever 【ケ-33b】

機械文明が発達した、19世紀・欧州が舞台の、爽やかコメディー&ちょっとシリアスな作品。
――高校生のラウールと、その(個性的な)友人達。ある日、かつてラウールの家が所持していたコレクションが展示される事となり、彼らは美術館のあるパリに向かう。ところがコレクションは何者かに盗まれてしまい、その上警察が捕まえてきたのはラウールの親友であるリュウトだった。リュウトは必死に無実を訴えるが…果たして、真犯人とその目的は一体?――

インターポールのエリートさん・ジゼル警部補役でお手伝いさせていただきました。サイトでは第一章が試聴できます!


同じくWherever様頒布の『Stella Cielo』Original Soundtrackには、怪盗鑑定士BGMも多数収録されております。素敵な楽曲ばかりで、こちらもオススメ!サイトで試聴も出来ます。





『鬼神館殺人事件』 GarnetGarden 【ク-29a】

――「まどろみの檻」の演者オーディションの為、「鬼神館」を訪れたのは、年齢・職業共にバラバラの6名。与えられた名を名乗り、その役を演じながら過ごす彼ら。"演技"での首つり自殺が起こった翌日、"本物"の死者が出てしまう。殺したのは誰なのか、6名それぞれの目的・運命は一体――

物語のキーとなる"女"役でお手伝いさせていただきました。



新作・旧作共に、私が把握している参加作品は以上です!
CVに編集に小説執筆に、色んな企画様に色んな形で参加させていただけて幸せです。中にはご依頼いただいた企画様もあり、M3関連でのご依頼など絶対無縁だと思っていましたので、とてもとてもびっくりしました。大変ありがたいです…。

25日に東京流通センターへ行かれる方、お気をつけて楽しんで来て下さい!

■2015年10月05日(月)  自企画語りあれこれ
色々と落ち着いてきたので、ちょっと自企画語りでもしてみようかと思います。
(いや他の活動者さんからしたらそんなに活動量多い訳ではないと思うのですが…私のキャパがゲフンゲフン)
大したことは書いてないです…構想・制作中の裏話的な感じなので。ネタバレ要素はほぼないです。


『Ding Dong Cat』

以前、こえ部に投稿したお題『煙突掃除の少年と黒猫』のイメージを膨らませて書いた話です。どちらかと言うと、"少年"の方がリカルドっぽい。

黒ネコとカラスの物語を形にしたい!と思ったのが2013年3月でした。そう、その時アークはまだカラスでしたなあ。いつハト設定に変わったのか覚えてません…確か、ハトが好きだからって理由でハトにしたのだったと思います。
当初は、リカルドの人間時代の話を考えたりDDCは数話の構成にしようかとか考えたりもしましたが、上手くまとまらず(笑)、結局一話完結に落ち着きました。それで良かったなーと思ってます。
台本そのものは2013年11月、大相撲九州場所を見ながら一気に書き上げた覚えがあります。

編集も凄く楽しかった!前篇のラストシーン、どうしてもイメージに合うBGMが見つからなくて…そこのBGM探しだけでおよそ4〜5時間費やしました…。他の方ってどのくらいかかってるんでしょ…。
逆に、謝肉祭のシーンのBGMは編集始める前から決まってました。ノタの森さんこんなに素敵なBGMも配布されてらっしゃったのか!と一耳惚れでした。

エキストラの方々にはいくつか指定してお願いし、かつ「追加で何か浮かびましたらお願いします!」とお伝えしまして。
そして、音源をご提出いただいて皆様の発想力にびっくりでした!追加台詞はもちろん、プチ掛け合いでガヤを出して下さった方もいれば、調査●団なガヤを下さった方、そしてお祭りを楽しむ幸せな笑い声を下さった方…一つ一つ、ほくほくと聞かせていただきました。
一応、本編には全て組み込んであります。一つとして没にしたガヤはございません。

メグの名前ですが、"メグ"って愛称だと思うのですが…敢えて、愛称で付けました。というのは、今後企画したいなあと思う作品とちょびっとほんのりだけリンクさせたいなーどうかなーというところがありまして…ごにょごにょ。




『ラフ・ノエル』

脳内構想としては花夜の方が先に浮かんでいたのですが、まだ構想中で。
花夜の前に割って入るように(笑)、ばばーっと構想が出来て行ったのがラフ・ノエルでした。この話が浮かんだの秋M3の直後です…。
台本を書きあげたのが10月末、そして12月クリスマス公開を目指す…という事で、ボイスはタイトスケジュールでお願いしてしまいました。キャストさん大変だったと思います…。特に主役のカイは台詞数90近くあったので…朔太郎さん、皆さん、お疲れ様でした…。お陰様でクリスマス前に公開出来ました…!

私自身プロテスタント教会系の中学・高校だった事もあって、教会を舞台にした物語もいつかやってみたいなと思っていました。
この作品の牧師先生にはモデルの方がいます。モデルの方は、とっても穏やか・大らかで、優しさの塊のような牧師先生で(日本人です)、その方も奥様と一人娘さんがいらっしゃるんです。
その先生が自宅で…芸人さんの一発ギャグ?みたいなのを真似してお茶目に言ったんです。確かジェスチャー付きで。
それを見た娘さん(高校生)がしれっと「バカじゃないの」って言ってて!なんだこのほのぼのな牧師親子!と。可愛らしいやり取りだったので、ほくほくした事を覚えてます。
牧師先生とマリエットは、この親子がモデルになってます。って台本書いてる時は特に思ってなかったんですけど、思い返せばあのやり取りが基になってたんだろうなあと…。

マリエットの名前の由来は、小公女セーラに登場した穏やかなメイドさんから。かわゆい名前だなあと思い拝借。
かわゆい名前で、口の悪いお嬢さんというのをやりたかったんです(笑)。

カイは主人公ですが、ほぼ受動的なキャラとして書いてみました。ほぼ。
ですので、演じ辛いキャラかなーと思いましたが、さすが朔太郎さんでした…!素晴らしく演じていただけて嬉しかったです。

教会・クリスマス系BGMは探すのも本当に楽しかった!今思えば、ちょっとBGM入れすぎたかなーと反省もあったりします…が……。
どれもこれも素敵な曲ですが、中でも一番好きなのはキャストコールの曲!『Invitation』といいます。ラフ・ノエルではtrack2の方を使用させていただきました。これ、track1もめちゃくちゃ素敵なので、ここをご覧の方も是非ご拝聴下さい!
"物語の始まりをイメージ"とあり、更に惹かれてこの曲にしました。キャストコールなんですけど敢えて…なんでしょ、「カイ達の冒険はまだまだこれからだ!」じゃないですが、そんなイメージで。




あ…ああー……思ってた以上にべらべら喋ってました。
長いので、取り敢えずここまでで。またどこかで花夜語りもしてみたいです…。
制作にご協力下さった皆様、お聞き下さる皆様、本当にありがとうございます。


今月末には秋M3があるという事で、色んなサークルさんの情報がどんどん解禁されてますね!
私も、ありがたくもCV・編集でお手伝いさせていただけた作品がありまして、また日を追ってご紹介したく思います。今回の秋M3、私は不参加ですが、行かれる方楽しんで来て下さい!

過去ログ 2013年10月 11月 12月 
2014年01月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 10月 12月 
2015年01月 04月 05月 07月 09月 10月 12月 
2016年01月 03月 05月 08月 
2017年02月 03月