えんぷう亭企画・制作作品や、さばこボイス活動のお知らせ中心。まろやかに書きます。
◇えんぷう亭サイトはこちらから◇


■2018年12月13日(木)  「クローバー」企画完結によせて


えんぷう亭企画のオリジナルボイスドラマ第7弾「クローバー」企画完結致しました!
「How to 遊園地」に同じくオムニバスですが、"復讐"を描きたくて立ち上げた企画で、
えんぷう亭初の"明るくない"作風でお送りしました。シリアスシリアス。

色んな方にお聞きいただき、温かいお言葉もいただけてとても嬉しく思います。
キャストさん、ロゴ担当さん、イラスト担当さん、全員にとても助けていただきました…!
6月頃は体調不良(悪阻)で音源チェックやメール返信がガッタガタに遅れてしまった時期があって、本当に申し訳なかったのですが…なんとか、予定通りに編集も終えられてホッとしました。

一作品ごとに、台本の事などをちょいと語ります!


1.「その手でさよならを」
以前このHPのサンプルボイスで使っていた自作台詞を元に考えた話です。
「誰かにとってとても大切な優しい人が、別の誰かにとっては憎んでも憎み切れない相手だったとしたら」というのをやりたくて書きました。
台本自体は2016年春にはいったん書きあがっていました。ただ、"少年"は"青年"でした。
もう少しこう、この復讐者の複雑な心境をうおおっと表現していただくならば、"少年"の方が良いのではと考え直し、少年に変えて台本を手直しした次第です。
途中登場する"おじさん"は、敢えて人物像を描いていません。蛇足かなと思ったのと、聞き手の方に想像していただきたいと考えたというのと、人物像を描いたらダレてしまいそうな気がしたので。
物語の最後の台詞はどんな風にしようか迷って何度も書き換えましたが、結果あの台詞にして良かったなあなんて思っています。
4本の復讐の中でも一番ソフト?かなと思います。長さ的にも。

2.「満月に誓う」
こちらは2018年の2月頃に土台だけ出来ていました。
明治の、深窓の令嬢達のキャッキャウフフと復讐をやりたくて考えた話です。
イチさばラジオ特番でも話したのですが、編集後に気付いた話、この話って舞台がほぼ奏子の家ですね。奏子の家9:過去の弥生の家1状態。閉鎖的だー!(後で気付いた)
途中、ベートーヴェンの月光第一楽章をBGMに使っています。安直かなとも思いましたが(笑)、でも綺麗にハマってくれたかなあとも思っています。
書きあがるまで、こんなにも弥生と奏子がイチャイチャしてくれるとは思いませんでした(笑)。ちょい百合ですが、べったり抱き合う止まりです!
終盤の編集でもげました…効果音どういう風にしようかなあとか、音量どうしようかなあとか、とかとか。なんでこういう、聴覚だけでは伝わり辛い背景を台本に起こしてしまったんだ私と思ったり(笑)。楽しかったのですけど!

3.「まがいもの姉妹」
実は、クローバーは当初、この作品以外の3本でいこうかと思っていましたが、ふと「もう一本付け足してみよー!4本でいってみよー!」と思い立ち、一気に書いたのがこの話です。結果、一番長いお話となりました(笑)。
今まで何作品かボイスドラマ制作をしてきましたが、チヅルみたいなタイプのキャラを書いたのは全く初めてでした。「ラフ・ノエル」や、How to 遊園地の「だいすきの雨」にも、ちょっと嫌なキャラは登場するのですが、チヅルはちょっと嫌なんてモノではないですね(笑)。ひっどい性格の女性だと思います。
容姿は美しいのですがボイドラでは見えないので(笑)、せめて名前だけでも綺麗な人にと思い、チヅルという素敵な名前を付けました。全国のチヅルさんすみません…。
境遇が違っていたら、キリは全然違う人生を歩んでいたんだろうなあ、きっと明るく元気な子になっていたんじゃないかなあと思っています。
あと実は、途中お洋服屋さんのシーンがあるのですが、台本を書いている時は何故かし〇むらの店内をイメージしていました。しまむ〇大好き。

4.「懺悔の刻」
案自体は2015年頃からありました。ただ、復讐は関係なく、中世の修道女たちのイチャイチャ百合と断罪をやってみたいなあと思いました。
今年秋に台本を書き始め、終わってみたら百合はほぼ無くなってましたね(笑)。CM音源にもある
カレン:「セイラ、大好き!」
セイラ:「私も貴女の事が、大好きよ!」
のところが、その名残かなあとは思いますが(笑)。
仮タイトルも、当初は「聖女達の庭」でした。ただ、書いている内にカレンと懺悔聴聞僧のやり取りにもスポットを強めに、と思いまして。カレンと懺悔聴聞僧は、処刑執行前の懺悔の時間を過ごしているので、そのまま「懺悔の刻」にしました。
オチ(?)やネタ明かし(?)はすっごく迷ってもげて、あんな感じに書きました…。
手前味噌ですが、最後の台詞と……っていうところは自分でもかなり気に入っています(笑)。
ちなみに、実際の中世の修道院も、酷いところは酷かったみたいですね。全部が全部、清く正しく美しく、でもなかったようで…。
懺悔聴聞僧は、私の中の絶対的No.1アニメ作品「ア〇メ三銃士」でその存在を知りました。懺悔聴聞僧でググってもあまりヒットしないのですが、恐らく本当にいたと思われます。


次回作については完全に未定です。やりたいネタ自体はいくつかあるのですが、私事ですが出産を控えているので、しばらく環境的に難しいのかなと…。
「自分以外の方を巻き込むと何かしらご迷惑が」という発想になりそうなので、もし何かやるとしたら、CVも何もかもどなたにも依頼しないオールさばこ方式でやると思います。ただその場合は"えんぷう亭"として発表はしないと思いますが(笑/えんぷう亭では私のCV出演は極力無しでいきたいという謎のポリシーがあるため)。なんでしょう、"ちんあなご劇団"とかそんな感じで。
どの道、クローバーが明るくなかったので、次は明るいものでいきたいです!

■2018年10月28日(日)  本日は秋M3ですね!
私は今回は行けず不参加です…。TwitterのM3の様子を見て羨ましがります(笑)。
当日になってしまったので、書く意味がないかもしれませんが…。



「ばなわに大腸炎・2018秋の陣」
頒布イベント:2018年10月28日開催・音系・メディアミックス同人即売会【M3】
スペース:第一展示場 Q10a 音声劇団ばなわに!様

ばなわにさんのぶっ飛びコントドラマ集「大〇〇」シリーズ最新作!今回は病院ネタがテーマになっています。
その中の「博士シリーズ・モリサキタテワキの場合〜オナシャス乗車券を…〜」にて、エキストラでお声かけいただき、参加させていただきました。

ばなわにさんの作品も、いちリスナーとしていつも楽しく拝聴させていただいていたのですが、まさかまさか、出演サイドでお声かけいただける日がくるだなんて思っておりませんでした。
園長さんからお話をいただいて、とても嬉しかったです…!私も大〇〇シリーズの犠牲者(光栄な誉め言葉)にしていただけるのだと!

私が参加させていただいたお話は、モリサキさんが大変に大変な目に遭っている悲劇(喜劇)ですね。モリサキさんファンは特に必聴!
私の担当ボイスは、大変に性格が悪いです、ひどいです(誉め言葉)。Mqubeの冒頭試聴版にいます!
【試聴版はこちら】

他のお話も、あらすじとタイトル見ただけでぶっ飛んでて楽しそうです!
持込数は少ないそうなので、M3では是非ばなわに!さんスペースへ急いで下さい。ただし走らずにで。


超活動縮小&これから更に縮小な細々活動者の私ですが、こうしてお声かけいただけるなんてとても嬉しいですし、ありがたいです。楽しく収録させていただきました!
秋M3行かれる方々、どうか楽しんできて下さい。

■2018年09月17日(月)  今後の活動について
8/5の日記&9/1のツイートとほぼ同じですが、もう少し突っ込んだ話を。
可愛い可愛いイラストの下を含めるとかなり長文です…。

――――――――――――――――――

今後の声の活動についてです。

〜10月末:これまで通り声のご依頼をお受けしています。
収録は極力この時までに終了させたく思います。
11月:原則ご依頼受付は停止とします。
例外として、続投キャラ・現時点でお話が合った案件や、どうしても(さばこ以外に代わりが効かない)という場合のみ、少量収録でしたらお請け出来ると思います。(あればですが…)
12月〜5月:例外無しに、ご依頼受付長期停止とさせていただきます。
5月〜はちょっと見通し不明です…続投キャラはなるべく続けさせていただきたいのですが…難しいかもしれませんが、何かございましたら相談させて下さい。

現在進行形で関わらせていただいている企画様全てには、既に連絡・相談させていただきましたが、万一漏れがございましたら教えて下さいっ。
(「悪役どもの生かし方」「クロノ・サーカス」「魔女ドロシとお菓子な仲間たち」「七福少女えびすちゃん」各企画・運営担当者様に連絡しました。)

もっともっと活動したいですが、以下事情によりかなり細々〜停止となります。
これまでご依頼下さった皆様、ご縁を結んで下さった皆様、素敵な企画にお誘い下さった皆様、誠にありがとうございました。楽しく夢中になって録らせていただいた企画様ばかりでした。
…って活動を辞める訳ではないですが!

以下からは、上記の状況になった理由というか背景を記載しています。
――――――――――――――――――

私事で大変恐縮ですが、現在妊娠しています。初産です。
県外にある地元へ、里帰り出産のために11月から帰省します。出産予定は1月頭です。4月頃まで地元に滞在予定です。
そのため、声のご依頼について、上記の事を決めました。
11月から居座る実家、カーペットまみれなので反響は大丈夫だと…思うのですが…。環境的に、収録場所と収録時間の確保がやや難しくなるかもしれません。全く録れないという事はありませんが、決して広い家ではないので(笑)、録ってる横を家族がズカズカ通ってその音が入るとか、そっちのリスクがアレかなあと(笑)。

「きっちり企画参加・期日厳守」というのはしばらく難しくなると思いますが、チャンスあらばちょっと一人掛け合いを録って遊ぶとか、スマホでちんあなご動画を録って遊ぶとか、そういう事は続けられるだけ続けたいなと思っています。声を出したり、歌ったり演じたりするのはやはり大好きなので。
それでも、子どもはずっとほしかったので、無事出産してめいっぱい可愛がりたく思っています。


こちら!おめでたのおめでたイラストを、お友だちのイチマツさんが描いてくれたのでじまんです!!カワイイー!!そして、優しくて温かい水彩の世界…とってもとっても嬉しいです…!まさかの家族3ショット!!
うちの人は眼鏡をかけたりかけなかったりなのですが、眼鏡かけてくれました!
イチマツさんありがとうございますー!!
※こちらのイラスト、転載や自作発言は固く禁じます。


以下は、更に更に私事の内容です(笑)。
――――――――――――――――――

内緒にしていた訳ではなく別に発信する必要が無いと思っていただけで、もし聞かれたら答えるつもりでしたが特に聞かれる事も無かったので、それで自分から発信していなかっただけなのですが(笑)、この活動を始めた頃に結婚しました。もう6年でしょうか…。
夫はこの活動をしている事やM3に行っていた事も承知していますが、聞かせた事はありません。収録を聞かれるのも絶対嫌です(笑)。また夫自身は「自分の声を録って自分で聞くんでしょ!?ヘンな声に聞こえたりするし恥ずかしいからムリー!」という人なので、彼が声の活動をする事もあり得ません(笑)。
声の活動等々、私に自由にやらせてくれている人です。(お互い自由人ですが。)

結婚したら1年ぐらいで子どもを授かれるのでは、なんて根拠なくゆるーく構えてしまっていましたが、5年かかりました。ゆるゆるですが妊活というか、通院もしていました。結婚前は自分が通院する事になろうとは思ってもいませんでしたし、妊活には正直縁がないと思っていました(根拠無し)。しかし、授かれず悩み通院する人は意外に(?)多いみたいですね。
ここをお読みの方がもしいらっしゃいましたら、独身とか既婚とか妊活とか男女とか関係なく風疹の予防接種はとにかく早めに打った方が良いと思います、まじで。小さい頃やっていても大人になって抗体値が落ちている事もあるので、検査して抗体値が落ちていたら絶対に打った方が良いです。まじで。妊娠中以外ならいつでも打てるワクチンなので。私はMR混合含めて3発打ちました。

正直、毎月「またダメだった」「もう子どもは一生無理なのかなあ」と落ち込む事も少なくなかったです。そういう時に限って芸能人のおめでたニュースが流れ「ぬぬぬ」とチャンネルを変えたり(笑)、しかしその後「こんなに心が狭いから授かれないのかな…」と一人勝手に自己嫌悪したり…。
なんとか頭を切り替えようと、「子どもがいない今出来る事を!今この声の活動や作業ををを!!」と、落ち込みをパワーに変えようとのめり込む事もありました。

私達なんかよりもずっと長く、妊活の「見えない終わり」に悩み苦しんでいる人は世の中にはたくさんいますが…。
やっと授かる事が出来て、とても嬉しく思っています。
声の活動も大好きですが、新しい命もとても大切にしたいと思っています。

…まだ無事出産出来てないですし、どうなるか分かりませんが!今回授かるまで一筋縄でいかなかったので「このマタニティライフ順調にいけるのか!?私の事だからまた何かあるんじゃないの!?大丈夫なの!?」と心配ではありますが、ありがたい事に今のところ経過は順調です。このままいってほしいところ…!


こんな長い、超私事のところまでお読み下さった方がいらっしゃいましたら、ありがとうございます。
今後とも宜しくお願い致します。

過去ログ 2013年10月 11月 12月 
2014年01月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 10月 12月 
2015年01月 04月 05月 07月 09月 10月 12月 
2016年01月 03月 05月 08月 
2017年02月 03月 07月 
2018年02月 05月 07月 08月 09月 10月 12月